車 下取り 買取 比較

車の下取りと買取を比較! 査定額に差はでるのか

 

車の査定というと、下取りと買い取りの2種類がありますが、
下取りと買取ではどちらが高く引き取ってくれるのでしょうか。

 

下取り査定と買い取り査定の違い

 

下取りと買い取りの査定を比較してみると買い取りの方が、
金額が高かったという話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

そもそも同じ査定のはずなのに
何故査定の金額が違うという事がおきてしまうのでしょうか。

 

それには、下取り車と買い取り車の
その後の売却ルートの違いが一つの原因なのです。

 

ディーラーに下取り査定を依頼したところ5万円、
買い取り業者に査定を依頼したら30万円だったとしましょう。

 

ディーラーは下取り車を、基本的には再販をする場合には
お店がある近辺で下取り車を販売しますので、店頭での販売が基本になります。

 

しかし店頭に暫く並べていてもなかなか売れない場合などには、
オークションに出品しますが、高額ではなかなか落札されない事から
高額での下取りなどのリスキーな事はしないのが現状です。

 

一方、買い取り業者では、買い取った車はネットで販売もしていますので、
販売シェアは日本全国です、また輸出業もしている企業が多く、
輸出に強い車に関しては世界規模での販売シェアになってきます。

 

ここが下取りと買い取りでの金額の違いを生んでいます。

 

例えば先ほどの下取り5万円というのはディーラーが
近隣のお客やオークションで落札する際に最低でも売れるだろうという金額で提示します。

 

逆に買い取り30万円というのはネット販売や、
輸出などで30万円以上では販売できる見込みがある為、強気で金額を提示できるのです。

 

 

下取りと買取の両方に出した人の口コミ


私は、ディーラーで下取り価格を出してもらってから、念のために、買取店に持って行きます。
最近では、C25セレナを売却した際、ディーラーでは、当たり前に、評価表に基づいた評価格でしたが、買取店では、メーカーオプションに高い評価をいただいて、20万円アップで買い取っていただけました。
やはり、買取車は、すぐに欲しいと言われましたが、納車までの間、買取店側で、代車を用意していただきましたよ。

引用元:http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=13986968/

 

 

下取りは安くて当然

 

基本的にディーラーの営業マンは自社の新車販売には長けていますが、
中古車でかつ他社となると知識は少なく、
エアロや社外品がついていてもプラスでは査定してくれません。

 

中古車販売の知識がないため、
同じ車でも下取り車の方が安くなってしまします。

 

なるべく高く売りたいのであれば、買取に出すのがおすすめです。

 

最近では、買取に出す際に、一括査定サイトを利用する人も増えています。
登録するだけで複数の買取店に査定してもらえるので、便利ですよ。
利用は無料なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定